令和2年度森林作業道設計技術研修のお知らせ(延期)

下記研修について豪雨災害の影響により1回目の研修は延期となりました。

新しい日程は改めてお知らせ致します。

 

林業専用道・森林作業道の路線設計における効率化を図る目的として、路網設計の自動化や現地踏査における情報機器の利用などIT化を目指す研修です。
研修は2日間実施されます。 なお、本年度は計5回の開催を計画しております。

  • 1回目: 令和2年8月4日(火)~8月5日(水)
    募集締切 7月29日(水)(最大18名)

 

 

  • 研修費用: 無 料

 

  • 会 場: 1日目 大分県日田総合庁舎(4階会議室)
    2日目 日田市前津江町の山林内(詳細は8月4日にご案内)

 

  • 募集対象: 大分県、大分県各市町村
    大分県認定林業事業体(森林組合を含む)
    大分県林業経営体(登録林業経営体および育成林業経営体)
    大分県内の林業団体

 

  • 研修内容: 以下のとおり(パソコンは準備しております。)
    1日目(室内研修) 9:00~16:00 (習熟状況により前後します)
    ・講演「高精度情報を用いた路網計画の策定方法」 森林総合研究所
    ・路網設計支援ソフト「FRD(Forest Road Designer)」を使用した路線設計
    ・関連研修/QGISの活用について
    ・データの活用(モバイル環境への出力など)
    2日目(現地研修) 10:00(現地)~15:00 (現地の状況により前後します。)
    ・現地踏査(携帯電話等のモバイル端末を利用した踏査)
    ・とりまとめ
    ・意見交換
    ・アンケート
    ※1日目で設計を行った路線延長や現地の状況により2日目の現地研修

 

  • 準備するもの
    ・スマートフォンまたはタブレット端末(2日間使用します)
    ・山林内で踏査できる服装等(2日目)
    ・新型コロナウイルスの感染拡大防止の為マスクの着用をお願いします。
カテゴリー: 新着情報だより   パーマリンク

コメントは受け付けていません。