緑の募金とは

「緑の募金」は、国民の森林・みどりに対する関心を、具体的な「森を守り、育てる」取り組みへと結集し、さらに 国際的な地球環境の保全に貢献するため、平成7年4月「緑の募金による森林整備等の推進に関する法律」として、法制化され、これによって「国民参加による 森林づくり」が本格的に始まりました。
異常気象など私たちの「共通」の財産である「森林」や「緑」に対する人々の関心は高まりつつあるなか、(公財)森林ネットおおいたでは、緑のボランティア活動等による森林の整備、緑化の推進等を目的に「緑の募金」を行っていきます。
緑豊かな住み良い郷土を作るため、そして、次の世代へ残すため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
募金を活かした活動
「緑の募金」の活用に当たっては、公平性、透明性が確保されるよう、大分県知事の認可を受けた委員による「運営協議会」の意見を聞いて、事業計画や交付金額を決定し、実施されます。

緑の募金は、日本をはじめ世界の森林に役立っています。
募金期間
募金は年間を通して行われていますが、募金の呼びかけは春期と秋期に募金期間を設け、行います。
このうち、みどりの月間(4月15日~5月14日)を「全国一斉強調月間」とし、イベントやキャンペーンなど集中して行っています。 

  • 春の募金期間 (2月15日~5月31日)
  • 全国一斉強調月間 「みどりの月間」(4月15日~5月14日)
  • 秋の募金期間 (9月1日~10月31日)

家庭募金、街頭募金職場募金企業募金、学校募金 などによって行われています。

問い合わせ先

(公財)森林ネットおおいた(緑の募金)

〒870-0844 大分市大字古国府1337-15
TEL 097-546-3009 FAX 097-546-6969

「緑の募金」の振込先
大分銀行県庁内支店 普通預金口座 304609
公益財団法人 森林ネットおおいた(緑の募金)

コメントは受け付けていません。