POSレジ比較ランキング!飲食・小売・美容室など業態別おすすめも紹介

この記事は約17分で読めます。

「POSレジを導入したいけど、種類がたくさんあって違いがわからない…」

POSレジによって強みや特徴が異なり、店舗や業種に合わないものを選んでしまうとPOSレジの効果を最大化することができません。

POSレジごとの特徴を、下記の表にまとめてみました。

月額費用特徴
スマレジ0円~
  • 外部連携が豊富で、全業界・業種におすすめ
  • 店舗スタッフが選ぶサポート充実しているPOSレジNo.1
Airレジ0円
  • 初期導入・月額費用ともに0円
  • 操作画面がシンプルで使いやすい
ユビレジ6,900円~
  • 業界や業態に合わせたオプションや連携機能が豊富
  • 画面デザインが直感的で使いやすい
CHASHER POS0円
  • 豊富なカスタマイズ性
  • ハードウェアの導入サポートが手厚い
USENレジ0円~
  • 飲食・理美容院・小売店・整体院の4業種特化のサービスあり
  • 24時間365日サポート
Square POSレジ0円
  • ネットショップと連携が可能
  • 最短申込当日から使用可能
POS⁺6,000円~
  • 業界・業種に合わせたPOSレジ機能を用意
  • 導入だけでなくトレーニングにも対応

この記事では、POSレジの比較のほかに、選び方や導入のメリットも解説していきます。POSレジ導入を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

POSレジとは

POSレジとは、POS(Point of Sale)機能がついたレジのことを指し、「いつ・どこで・どんな商品が・どんな顧客に」売れたのかを集計・管理・分析できます。

POS機能が付くことで会計作業だけでなく、収集したデータをもとに売上分析や顧客管理、在庫管理もできるため、店舗の経営やマーケティングに役立てることができるのです。

▼POSレジの主な機能
  • レジ・会計:注文・会計・釣銭の計算など
  • 商品管理:商品の情報を登録し、売上の傾向や在庫数を管理。
  • データ収集:いつ・どこで・どんな商品が・どんな顧客に売れたのかを収集。
  • 在庫管理:商品ごとに在庫数を登録できる。
  • バーコード管理:バーコード読み取りで商品情報を読み取れる。
  • 基幹システムとの連携:連携によって店舗ごとの売上を本部で確認できる。複数店舗の情報を本部で一元管理もできる。
 

POSレジとPOS機能は違う?

POSレジとPOSシステムは、下記のような違いがあります。

  • POSレジ:POSシステムを導入したレジ
  • POSシステム:「いつ・どこで・どんな商品が・どんな顧客に」売れたのかを集計・管理・分析するシステム

POSレジの種類と選び方

POSレジを大きく分類すると下記3つに分かれます。

1. システム型POSレジ(ターミナル型)
  • POSシステムが導入されたハードウェア型のレジを購入
  • 導入コストは50~100万程度
  • スーパーやコンビニなどの大型店舗におすすめ
 2. PC型POSレジ
  • PCにPOSシステムをインストールして利用する
  • 導入コストは10~50万程度
3. タブレット/スマホ型(クラウド型)POSレジ
  • POSシステムのアプリをタブレットやスマホにインストール
  • 導入コストは無料~20万円程度
  • 飲食店や美容院、小売店など小規模店舗におすすめ

この記事では、主にタブレット/スマホ型POSレジを紹介します。

タブレット/スマホ型(クラウド型)POSレジの種類と選び方

タブレット/スマホ型POSレジの中にも多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

POSレジを選ぶ際は、業態や業種に合った機能が充実しているPOSレジを選ぶことが大切です。

飲食店のPOSレジの選び方

飲食店で重要なのは下記の機能です。

  • 操作性誰でも簡単に操作・利用をできるか
  • 免税対応多言語対応に加え、免税適用を簡単に行える
  • セキュリティ・認証機能:誰が何をしたかを記録できるほか、認証されないと利用できない

飲食店の店舗運営は、必然的にアルバイトの割合が多くなり、人の入れ替わりも激しい特徴があります。

そのため初心者でもわかりやすく、操作性に優れたPOSレジを利用することで効率よく店舗運営ができます。

また外国籍のお客様が多く来店する場合は、免税対応があったほうが便利です。

免税適用をパネルタッチで簡単に行うことができるだけでなく、購買データを国税庁に自動送信できる機能もついており、作業の効率化につながります。

小売店のPOSレジの選び方

小売店で重要な機能は下記です。

  1. ECサイト連携
    連携機能があると、受注ステータスを一括で管理したり、在庫データを連携・管理できたりする
  2. 免税対応
    多言語対応に加え、免税適用を簡単に行える

小売店でECサイト(ネットショップ)を運営している場合、ECサイト連携機能がついているPOSレジを選びましょう。

ECサイト連携をすると、商品ごとのステータス(入金確認・出荷待ち・出荷済みなど)を一元管理できます。

実店舗とECサイトを含めた全ての在庫情報を一元管理できるため、在庫管理コストの削減や機会損失の低減を図ることができるでしょう。

美容室のPOSレジの選び方

美容室で重要な機能は下記です。

  1. 予約管理、WEB予約機能
    WEB上で予約を受け付け、POSレジ上で管理できる
  2. 顧客管理
    いつ来店したかなどの顧客情報を簡単に見ることができる

美容室は、予約で入店するケースがほとんどで、かつ定期的に来店をするようなビジネスモデル。

そのため予約状況や来店状況を可視化できる機能や、顧客の情報を項目別に管理できる機能がおすすめです。

月額・導入費用や手数料で比較はNG?

初期導入費用や月額費用、決済手数料だけで比較することは、あまり効果的ではありませんなぜなら、各社ごとにそこまで大きな違いはないためです。

開業当初できるだけ節約したい、少しでも安く抑えたいという場合を除いて、コストではなくどの機能が店舗運営に必要かを考えてPOSレジを選ぶことをおすすめします。

POSレジのおすすめ比較ランキング!

まずはどの業界・業種でも対応できる汎用型のPOSレジをご紹介します。

おすすめのPOSレジは下記のとおりです。

操作性免税対応外部サービス連携(ECサイトなど)顧客管理サポート月額費用
スマレジ0円~
Airレジ0円
ユビレジ6,900円~
CHASHER POS0円
USENレジ0円~
Square POSレジ0円
POS⁺6,000円~
 ※評価の仕方
◎:十分な機能がついている
〇:機能がついている

1位:スマレジ

スマレジは、株式会社スマレジが提供するPOSレジです。

▼スマレジの特徴
  • ECサイト連携、在庫管理システムに強み
  • グッドデザイン賞を受賞したデザイン性の高さ
  • 導入前も後もサポートが手厚い

スマレジの強みは、連携できる外部システムが非常に多いこと。

特にECサイト連携に強みを持っており、ShopifyやBASE、COLOR MEなど様々なECサイトサービスと連携ができます。

ECサイトと連携したうえで、「いつ仕入れていつ売れたのか」「どの店舗で何個保管されているのか」の在庫管理を細かく管理できるため、ECサイトや店舗運営にかかるコストの削減や機会損失を防げます。

また操作性やサポートの手厚さもスマレジの特徴です。

直感的に利用でき、誰でもストレスなく操作を実現できるUI/UX設計により、2013年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

また独自の「スマレジ検定」に合格したスタッフのみがインハウスで対応してくれ、店舗スタッフが選ぶサポートが充実していると思うPOSレジNo.1に輝いています。

こうした特徴から、登録店舗数は12万店と多く、どの業態業種にもおすすめできるPOSレジと言えます。

料金プラン
  • スタンダード:0円
  • プレミアム:5,500円
  • プレミアムプラス:8,800円
  • フードビジネス:12,100円
  • リテールビジネス:15,400円
    ※1店舗当たりの月額の価格
導入店舗千疋屋・カプリチョーザ・靴下や・とらや・PARCOなど
スマレジの資料請求を無料でする

2位:Airレジ

Airレジは、株式会社リクルートが提供するPOSレジです。

▼Airレジの特徴
  • 初期導入・月額費用ともに0円
  • 操作画面がシンプルで使いやすい

Airレジの一番の特徴は、無料でPOSレジを利用できること。

注文入力や会計など基本的なレジ機能はもちろん、商品管理や顧客管理、売上分析、会計ソフトとの連携機能も0円で利用可能です。

またPOSレジの管理画面はシンプルで使いやすく、2014年のグッドデザイン賞にも選ばれました。タッチパネルのみの作業で完結するため、初心者のアルバイトでもすぐに使いこなすことが可能です。

導入コストや運営コストをなるべく抑えたいという方におすすめのPOSレジです。

料金プラン0円
導入店舗サカバイッチ、ル・シェリア、鉄板焼きgrowなど
Airレジの資料請求を無料でする

3位:ユビレジ

ユビレジは、株式会社ユビレジが提供するPOSレジです。

▼ユビレジの特徴
  • 画面デザインが直感的で使いやすい
  • 業界や業態に合わせたオプションや連携機能が豊富

ユビレジの最大の特徴は、業態に合わせたオプションや連携機能が豊富なこと。

例えば下記のようなオプションが業態ごとに用意されています。

  • 飲食業:ハンディ・QRオーダー・セルフオーダー
  • 小売業:在庫管理
  • サービス業:ユビレジ for Salesforce

個別の経営課題に即した導入が可能で、レジだけで利用したい方からカスタマイズ開発を前提とした大規模導入導入をしたい方まで幅広く利用できます。

料金プラン6,900円/月
導入店舗煮込みや みよし、医療法人良心会いるまクリニック、株式会社船橋屋など
ユビレジの資料請求を無料でする

4位:CHASHER POS

CHASHER POSは、株式会社ユニエイムが提供するPOSレジです。

▼CHASHER POSの特徴
  • 豊富なカスタマイズ性
  • ハードウェアの導入サポートが手厚い

CHASHER POSは企業や店舗ごとに独自にカスタマイズできる点が魅力です。

現場の課題をヒアリングしたうえで、基幹システムやECサイトとのデータ連携などのソリューションを提案・開発してくれます。

他社はAPIによる連携が主ですが、APIの場合開発リソースが自社にないと、開発会社に再委託する必要があり、専門知識やコストがかかってしまいます。

その点、CHASHER POSはAPIに頼らずカスタマイズが可能なため、カスタマイズ性は非常に高いといえるでしょう。

またCHASHER POSはサポートも手厚く、導入時のセットアップを無償で行ってくれます。要望があれば現地に出向いて各種設定や操作説明にも対応しているため、初めての店舗運営でも安心です。

仕入れ先の発注を自動化したい、基幹システムと連携させたいなど、独自のご要望をお持ちの方におすすめのPOSレジです。

料金プラン
  • スタータープラン
  • プロフェッショナル:
    • 購入→4,400円/月⁺ハードウェア128,000円
    • レンタル→4,400円/月⁺ハードウェア8,400円/月
      ※タブレットの場合は購入費79,800円
導入店舗ASICS、ぎょうざの満州、Sony Musicなど
CHASHER POSの資料請求を無料でする

5位:USENレジ

USENレジは、株式会社USENが提供するPOSレジです。

▼USENレジの特徴
  • 飲食・理美容院・小売店・整体院の4業種に向けたレジアプリを用意
  • 24時間365日専用のヘルプデスクがありサポート体制が手厚い

USENレジは飲食・理美容院・小売店・整体院の4業種それぞれに特化したサービスを提供しています。

例えば理美容院特化のレジアプリは、スケジュールや予約管理や、大手予約サイトからのWEB予約が自動反映されるなど、必要な機能を取り揃えています。

またサポートが手厚いのも魅力の一つ。

導入後は24時間365日受付のカスタマーセンターが用意されているほか、導入時の機材手配や配置工事、メニュー設定からスタッフへのトレーニングまでサポートしてくれます。

料金プラン不明・要問合せ
導入店舗株式会社ユニバーサル園芸社、株式会社ファッション須賀など
USENレジの資料請求を無料でする

7位:Square POSレジ

Square POSレジは、Square株式会社が提供するPOSレジです。

▼Square POSレジの特徴
  • ネットショップと連携が可能
  • 最短申込当日から使用可能

Squreはネットショップサービスを提供しているため、ネットショップとの連携機能に強みがあります。

Squreで制作したネットショップなら、注文や売り上げ、在庫数などの情報が自動で同期され、一括で管理することができます。

お店オリジナルのデジタルギフトカードが作れるSquare eギフトカード機能も付いており、新規顧客獲得やCRM施策にも活用できます。

また最短即日で利用できるスピード感も魅力。アカウント登録のみで複雑な手続きが必要なく、数分もあればキャッシュレス決済を導入できるでしょう。

料金プラン0円
導入店舗NOOKS FOODS、神楽坂プリュスなど
Squareの資料請求を無料でする

8位:POS⁺(ポスタス)

POS⁺(ポスタス)は、株式会社パーソルが提供するPOSレジです。

▼POS⁺(ポスタス)の特徴
  • 業界・業種に合わせたPOSレジ機能を用意
  • 導入だけでなくトレーニングにも対応

POS⁺は小売、飲食、美容・サロンの3つで異なる機能を提供しています。

  • 小売:在庫管理や帳票機能
  • 飲食:卓上注文、キッチン伝票出力、テイクアウト機能
  • 美容・サロン:電子カルテ、予約管理、DM配信機能

もちろん、レジ・売上管理など基本的な機能は網羅しており、用途によって使い分けができるのはサービスとして魅力的です。

また導入サポートにも力を入れています。初期設定や設置導入はすべてお任せできるほか、店舗スタッフへのトレーニングも提供しており、初心者が多い店舗でも安心です。

料金プラン
  • 小売:12,000円/月~
  • 飲食店:12,000円/月~
  • 飲食店(小規模):6,000円/月~
  • 美容・サロン:12,000円/月~
導入店舗はなまるうどん、焼肉ライク、ひもの屋、幸せのパンケーキなど
POS+の資料請求を無料でする

飲食店向けのおすすめPOSレジを比較

飲食店に特化したPOSレジをご紹介します。

blayn POSレジ

blayn POSレジは、ブレイン株式会社が提供するPOSレジです。

▼blayn POSレジの特徴

  • 完全セルフ化を実現
  • LINE連携をしたモバイルオーダー

注文から会計まですべてをセルフ化。接客にかけるコストを大幅にコストカットしています。メニューを多言語で表示できるため、海外対応もできます。

モバイルオーダーはLINE連携をしており、来店した人が自動で友達になって注文情報を記録できます。

集めたデータをもとにキャンペーンやクーポンを配信すれば、高度なリピーター施策を実現できるでしょう。

料金プラン
  • 無料プラン:0円/月
  • スタンダード:2,800円/月
  • プレミアム:9,800円/月
  • 複数台:16,800円/月
    ※初期費用は要問合せ
導入店舗不明
ブレインの資料請求を無料でする

ワンレジ

ワンレジは、株式会社スカイダイニングが提供するPOSレジです。

▼ワンレジの特徴

  • 周辺機器含めて飲食店で使いやすい設計
  • 日本全国どこでも訪問導入が可能

ワンレジの社長は飲食店経営を20年以上しており、飲食店の運営について深い知見を持っています。

そのため周辺機器までこだわりぬいて飲食店が使いやすいような設計ができているのです。

例えばハンディはオーダーを取るだけではなく、耐水・衝撃用の専用ケースがついているため壊れにくかったり、キッチンプリンタはドリンクやフードによって伝票を出し分けられたりします。

料金プラン要問合せ
導入店舗ビストロオオカミ、す美将、 蕎麦酒房 芝甲
ワンレジの資料請求を無料でする

DealerShip

DealerShipは、株式会社パワーエッジが提供するPOSレジです。

▼DealerShipの特徴
  • 飲食店向けのオプションサービスが豊富
  • わかりやすいシンプル画面

POSレジやハンディだけでなく、セルフレジやテーブルオーダーなど、店舗の運用に合ったオプションを選択することができます。

  • OrderShip
    • スマホによる注文管理から会計までの業務を効率よく行える
  • OrderShip by Smartphone
    • オーダーをセルフ化するシステムで、接客の効率化やクレームの減少につながる
  • セルフレジ
    • セルフレジによって、レジの回転率が向上し、人員不足や満足度向上につながる

また画面がアイコンボタン式で誰でも簡単に使うことができるシンプルさを兼ねそろえています。

料金プラン4,400円/月~
導入店舗株式会社ユニバーサル園芸社、株式会社ファッション須賀など
DealerShipの資料請求を無料でする

小売向けのおすすめPOSレジを比較

小売に特化したPOSレジをご紹介します。

ReCORE

ReCOREは、Square株式会社が提供するPOSレジです。

▼ReCOREの特徴

  • shopify取りある店舗で在庫と会員データを同期
  • LINE会員アプリ機能を搭載
  • ささげ/出品も代行

EC出品システムや会員管理の機能がついており、リアル店舗とShopifyの在庫を連携させられます。

さらにLINEの会員アプリ機能があるため、POSの購買データに合わせて販促メッセージを送れます。特定の商品を購入した人ピンポイントでLINEを送れるため、マーケティング施策をより精度高く実行できるでしょう。

撮影・採寸・原稿といったECへの出店作業(ささげ)も150円/1点~で代行しており、EC出品の手間を省くことができます。

料金プラン16,500円/月⁺オプション費用
導入店舗BREND OFF、あみあみ、アクトツール、とれじゃらすなど
ReCOREの資料請求を無料でする

SPIRE POS

SPIRE POSは、フィーリックス株式会社が提供するPOSレジです。

▼SPIRE POSの特徴

  • 様々な取引に対応できる
  • オンラインショップ在庫連携

SPIRE POSでは、特殊な販売取引にも対応できます。

例えば、卸売りで必要な掛売販売、顧客から預かった商品を販売代行する委託販売機能、商品取置やEC販売管理にも対応しています。

さらにオンラインショップとの在庫連携機能も追加可能。実店舗とオンラインショップの在庫を一元管理することで、煩雑な作業を効率化できるでしょう。

料金プラン
  • スモールプラン:4,950円
  • リテールプラン:9,900円
  • リサイクルプラン:13,200円
導入店舗不明
SPIREの資料請求を無料でする

美容室向けのおすすめPOSレジを比較

美容室に特化したPOSレジをご紹介します。

サロンアンサー(Salon Answer)

サロンアンサー(Salon Answer)は、エクシードシステム株式会社が提供するPOSレジです。

▼Salon Answerの特徴
美容室経営に必要なノウハウと機能が搭載

Salon Answerは25年もの間美容室向けにサービスを提供してきたため、美容室の利用満足度が高くなるようなサービス設計になっています。

予約管理において、通常は予約サイトから入った情報をPOSに入力が必要ですが、Salon Answerでは、一元管理サービスと連携により、情報を自動的に反映させられます。

また様々な美容アプリとの連携も可能。ポケットサロンやLINEミニアプリ、ポケットチーフ、ビューティープロデューサーなどと連携して予約情報をリアルタイムにSalon Answerに反映されます。

料金プラン9,800円~/月(初期導入費用130,000円)
導入店舗BiBi、idea、PLUS ALTRAなど
サロンアンサの資料請求を無料でする

Salon Magic⁺

Salon Magic⁺は、エクシードシステム株式会社が提供するPOSレジです。

▼Salon Magic⁺の特徴

  • 経験豊富なプログラマーによる開発力
  • 専任インストラクター制度で運用サポート

システム開発に多くの人材を投入し、様々な機能を用意しています。

他社にはない機能の一つにCTI機能があり、電話着信と同時に顧客情報を画面にポップアップで表示させられます。顧客情報や売り上げ履歴をもとに対応できるため、電話対応の質を向上させられます。

また専任でインストラクターが付いて運用をサポートしてくれます。各美容室・サロンに訪問し、店舗の仕組みに合わせたオペレーション構築をしてくれるでしょう。

料金プラン12,400円/月~
導入店舗ANCHOR、NAVY chumsなど
Salon Magic⁺の資料請求を無料でする

POSレジ導入のメリット

POSレジを導入するメリットは下記5点です。

  1. レジ業務の効率化
  2. マーケティング施策の精度向上
  3. 在庫量の最適化
  4. レジ業務の不正の防止
  5. 複数店舗での情報連携の効率化

1. レジ業務の効率化

商品をPOSレジに登録しておけば、商品入力や金額入力を自動で行ってくれるため、会計作業を効率化できます。

また時間がかかりがちなレジ締め作業も、商品販売ごとにデータ集計を自動でしてくれるため、短時間で済ませることが可能に。

こうした作業の効率化は人件費の削減だけでなく、顧客満足度の向上にもつながります。

2. マーケティング施策の精度向上

POSレジを利用すれば、曜日や時間帯など様々な条件で細かく売上を分析することができます。

「どの商品はいつ売れやすいのか」「どの商品とどの商品が一緒に買われているのか」といった情報がわかれば、時間帯に合わせた販促施策や、商品の配置換えなども効果的に行うことができるでしょう。

3. 在庫の最適化

商品の売れ行きや残数をリアルタイムで確認できるため、「いつ・どのくらい発注をすればよいか」の判断がしやすくなります。

POSレジの中には、「在庫数が一定以下になったら自動発注する」という機能がついていることも。

最適な在庫数を保つことで、商品が足りなくなる機会損失を減らし、商品が余ってしまう無駄コストも削減できます。

4. レジ業務の不正の防止

POSレジは、担当者の使用ログを記録できます。さらに作業時のパスワード設定もできるため、レジ業務の不正を防ぐことにつながります。

5. 複数店舗での情報連携の効率化

POSレジ導入により、複数店舗の売上や商品在庫状況を一元管理できます。

店舗ごとの報告をまとめる作業がなくなるため、効率的な店舗運営につながります。